読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのにっき

mhidakaのにっきです。たまに長文、気が向いたとき更新。

Androidアプリ開発環境における端末消費電力の解析機能

Android

NTTドコモ 先進技術研究所 神山 剛さん

Android端末消費電力について。モバイル向きの内容。
消費電力の解析…凄くマニアックですw
研究所での研究成果:Androidアプリ開発環境での消費電力の解析機能

Ustreamはこちら1時間14分ぐらから。http://www.ustream.tv/recorded/6932274

ソフトウェアの消費電力

  • ソフト実行時のハードウェアで消費される電力

ソフトがハードウェアの動作を決める。
消費電力を落としたいが電力食っている原因を解析するのが必要

  • アプリの開発環境で解析機能があればよい。

実際の端末を想定:開発中のアプリケーション仮想実行
ノウハウを蓄積して消費電力の少ないアプリに改善提案
アプリの性能と電池消費量のトレードオフを。

消費電力の可視化技術

  • アプリの消費電力+端末のLCDなどの固定消費電力 =ソフトウェアの消費電力
  • 何を持ってCPUの電力とするのか?→周波数などの性能と稼働率で求める


ひとつのApplicationに注目した時、消費電力を仮想環境で計算によって見積もるために、消費電力モデルを作成する
モデルより計算によって電力を見積もる。
個々のデバイスはパラメータとなる。パラメータには係数が付いている。
機種ごとにモデル生成が必要なのでパラメータの値を共通化することでコストダウンを図る。

  • モデルは重回帰分析で。

係数を求めて、電力シミュレーションが出来るようになる
ADP1での性能評価では最大15%、平均10%以下の誤差で電力を見積もることができた。

今回のプロトタイプモデルについて(エミュレータ上での動作)

  • バックライトが非常に大きい

CPUは全体としてそんなに大きい割合を占めていないのでは?
(CPUが消費電力割合がデバイス全体からみるとちょっと)

  • アプリ開発者への消費電力可視化がメリット
  • 端末消費電力の可視化技術