読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのにっき

mhidakaのにっきです。たまに長文、気が向いたとき更新。

Android SDK + Eclipseインストール手順まとめ

Android

インストールを4つのステップに区切って、まとめてみました。
Android SDKインストール
Eclipseのインストール
Android AVDの生成
・サンプルコードを実行してみよう


以下、順次エントリへのリンクか、説明です。

1. Android SDKインストール

 このエントリで解説しています
 http://d.hatena.ne.jp/hdk_embedded/20090726/1248626275

2. Eclipseインストール

 このエントリあたりを参考に。
 http://d.hatena.ne.jp/hdk_embedded/20090402/1238698299

3. Android SDK 1.5で増えたAVDの設定

 Version 1.5からは Android AVD Managerの設定が増えました。
 Eclipseを起動します。

 ウィンドウ>Android AVD Manager

 ここです。

 AndroidのVirtual Device(で、いいのかな?)を追加します。

Create AVD で以下を入力。
  • 名前    :(適当に。my_avdとか。)
  • SD Card  :(必要に応じてPathを設定)
  • ターゲット:(開発対象に併せて。通常はVersion1.5で良いかと)
Create AVDボタンを押下で完了

おつかれさまでした。

4. サンプルソースコードの実行手順

http://d.hatena.ne.jp/hdk_embedded/20090409/1239301687

サンプルコードを実行するのですが、記事が古くて、
ロケーションの指定がver1.1の場合のみしか書いてなかったです。
Ver1.5の場合はApiDemoは

C:\android-sdk-windows-1.5_r2\platforms\android-1.5\samples\ApiDemos

にプロジェクトがあります